Fortia

ブラインドeスポーツチーム「Fortia(フォルティア)」発足!

2021年5月20日、バリアフリーeスポーツePARAの部活動の参加メンバーで構成される「Fortia(フォルティア)」がブラインドeスポーツに焦点を当て、本格的に始動します。ePARAは、<挑戦>と<寛容>を大切な価値観とし、視覚障害・聴覚障害・肢体不自由・内部障害・発達障害など様々な障害のあるメンバーが各々の得意分野を生かしながら、バリアフリーeスポーツの可能性を広げる活動に取り組んでいます。「Fortia」はePARA発のユニットとして、ブラインド(全盲)プレイヤーのeスポーツにおける躍動を目指し、「視覚がなくてもeスポーツを楽しみ、eスポーツで挑戦ができる」ことを具現化し、社会全体に勇気と力を提供できるよう努めてまいります。

「Fortia」に込めた思い

「Fortia」はラテン語で、「勇気・力」を意味します。「Fortia」は力づくで何かを奪い取るような意味ではなく、受け入れる勇気・力といった<寛容>のニュアンスを含む言葉です。障害を持つ私たちが、自身の障害を受け入れたうえで、当事者発信によるDiversity & Inclusionの具現化に<挑戦>する私達にぴったりな言葉だと思い、チーム名に選びました。

「Fortia」のロゴ

「Fortia」の大きな手で地球全体を優しく包み込む様子を表現しています。円やカーブを中心とした構図は優しさを意味しています。中央の円を取り囲む輪は、様々な情報を全方位的に網羅していきたいという知性への探求を意図しています。ベースカラーはePARAのテーマカラーを採用しています。

ブラインドeスポーツチームFortiaのロゴ

ブラインドeスポーツプレイヤー

盲目の戦士・直也

盲目の戦士・直也のイラスト
プロフィール   不可能を可能にする男。声優・ナレーター・小説・エンジニア。 大の野球好き。好きなゲームは鉄拳7。挑戦したいゲームはパワフルプロ野球。
Twitterhttps://twitter.com/noy_0207
執筆記事全盲の僕でもパワプロをやりたくて試したこと
全盲プレーヤーが鉄拳7大会に参戦 見えない相手に決めた魂のコンボ (GAMEクロス)
全盲の私が「鉄拳7」で戦った先に~ブラインドeスポーツの幕開け~

盲目の女格闘家・いぐぴー

盲目の女格闘家・いぐぴーのイラスト
プロフィール   ブラインドeスポーツ界のミューズ。作曲やライター活動を行う。 NHKのど自慢大会グランプリ経験を持つ。好きなゲームはフォートナイト。
Twitterhttps://twitter.com/music_Apollonia
執筆記事全盲でもeスポーツ大会を楽しむには?いぐぴーのPUBG Mobile観戦録
全盲ゲーマーいぐぴー、Switch LiteをGET!10年ぶりのコンシューマーゲーム始動
盲目の女格闘家がブラインドeスポーツにチャレンジ!~ゲーミングPC編~

ブラインドeスポーツチーム「Fortia」の成り立ち

「第1回ePARA CHAMPIONSHIP」で生まれた絆

ブラインドeスポーツチーム「Fortia」は、2020年11月22日に開催された「第1回ePARA CHAMPIONSHIP」の格闘ゲーム部門に出場したTeam-ePARAの選手およびサポートメンバーを中心に結成されています。
Team-ePARAからは、先天性全盲の2名がプレイヤーとして格闘ゲーム「鉄拳7」に挑戦。「見えなくてもみんなと一緒にゲームがしたい!」という2人の熱意に動かされ、異なる障害を持つ仲間同士で一丸となって見えなくても戦える方法を研究し、練習を重ねました。その結果、大会当日には全盲の女格闘家・いぐぴーが1勝を勝ち取る快挙を達成しました。プレイヤー全員の健闘により、Team-ePARAは格闘ゲーム部門で第3位に入賞することができました。

大会への挑戦を通して、視覚障害を持つ方々がゲームを遊ぶにはプレイそのもの以前に、プレイに至るまでの道のりにも様々なバリアがあることを実感しました。しかし同時に、それらは周りの人たちの支えと創意工夫で乗り超えていけるものだということも体感できました。次第に「目が見えない人がもっとゲームを楽しむにはどうしたらいいかをもっと研究したい」、「全盲のプレイヤーとそれをサポートする私たちの活動が、障害に悩む人たちに少しでも勇気を与えたい」という声も上がり、「鉄拳7」を通じたブラインドeスポーツの研究活動を継続していくことになりました。

「GAMEクロス ゆうゆうクリスマスCUP」でさらに前進

2020年12月20日にはGAMEクロス主催の鉄拳7の大会、「ゆうゆうクリスマスCUP」にTeam-ePARAで参戦しました。
大会では「Tonamel」という運営ツールを使用しており、大会参加者はこのツールを通してエントリーや大会当日の対戦相手とのコミュニケーションを行うため、全盲のプレイヤーも自力で円滑に「Tonamel」の操作を行う必要があります。大会前には「Tonamel」がパソコンの読み上げソフトでスムーズに使用できるかどうかの検証作業など、ゲームの練習のみではなくブラインドeスポーツを研究するチームならではの取り組みも行いました。
視覚障害のあるメンバーへのサポートでは「第1回ePARA CHAMPIONSHIP」とは違ったやり方を採用し、前回の大会よりも一歩前へ進んだ挑戦を行いました。残念ながら大会当日の結果は振るいませんでしたが、配信の中でePARAや視覚障害のチームメンバーについて話題に取り上げていただくなど、バリアフリーeスポーツの認知を広めることができました。

2021年3月には全盲のプレイヤー2名が「EVO Japan 2020」の「鉄拳7」部門の優勝者であるタイのトップeスポーツプレーヤー“Book”選手によるコーチングを受けるなど、特別な経験もしました。

様々なeスポーツを視野に入れて

「第1回ePARA CHAMPIONSHIP」後にコミュニケーションを取る中で、話題は「鉄拳7」やeスポーツの話題だけでなく、メンバー各自の障害特性・悩み・近況・これから挑戦したいことなどを話し、相互理解を深めてきました。

各自の思いを集約し、「鉄拳7」だけではなくさまざまなeスポーツへの挑戦に視野を広げていきたいという思いから、今回のブラインドeスポーツチーム「Fortia」発足の発表に至りました。今後はブラインドeスポーツに適したゲームやプレイの方法を模索し、バリアフリーeスポーツの可能性を広げていきます。

ブラインドeスポーツチーム「Fortia」の挑戦

チームとして2021年に挑戦することは大きく3つです。

1.ブラインドeスポーツイベントの開催

先天性全盲プレイヤーのみが出場するeスポーツイベントを企画・実行します。プレイヤーを支えるサポーターやeスポーツイベントの運営は障害当事者を中心に構成します。

2.ブラインドeスポーツ解説

私たちは、視覚情報に限らなくてもeスポーツの魅力を伝達できると考えています。晴眼者の実況とタッグを組むことで、全盲プレイヤーによるひと味違ったゲーム解説・ゲーム描写を追求したいです。

3.ブラインドeスポーツ以外の分野へと拡張

「Fortia」の活動で培っていく知見やコミュニケーションをベースにしながら新たな発見を得て、ブラインドeスポーツとは異なる切り口から「Fortia」を体現できる新たな活動を開始したいと考えております。そしてその活動にブラインドeスポーツの主役となるプレイヤーがサポート側として参画することで、eスポーツを通じて色々な人が輝ける場・支え合うを作ることに挑戦していきます。

お問い合わせ先

「Fortia」の活動は、これまで開拓されていないことが多く、可能性は無限大だと思っています。この活動が少しでも多くの方の勇気・力になることを願うばかりです。

私たちの活動を応援してくださる企業様・個人の方・障害をお持ちの方、共に活動したい視覚障害をお持ちの方は随時募集しています。ePARAお問い合わせフォームより気軽にお問い合わせください。

関連URL

ブラインドeスポーツチーム「Fortia」公式Twitter
 ※2021年5月20日から運用を開始します。
バリアフリーeスポーツ「ePARA」問い合わせフォーム

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

maki

ブラインドeスポーツチーム「Fortia」の広報担当。 先天性の内臓奇形を複数持つ内部障害者。特に腎臓が悪く、体力がなく疲れやすいことが日常・社会生活に影響を及ぼしている。現在は自分の体調と上手く付き合いながらできる仕事を模索中。映画鑑賞、アート、グルメなどにも興味あり。

-Fortia
-,

© 2021 バリアフリーeスポーツ「ePARA」(イーパラ)