株式会社ビーウィズロゴマーク BTOパソコンのサイコムロゴマーク ヨギボーロゴマーク ジョイサウンドロゴマーク

ePARA CARNIVAL

ePARA CARNIVAL 障害とゲーム

全盲のゲーマーはどのようにマイクラを楽しんでいるのか? 自立を目指す若者たちが、寄ってたかって質問したら、豊かな「音」の世界が現れた

2022/9/15    ,

私カンナと他の3人は、認定NPO法人育て上げネットの支援プログラムのひとつ、「マイクラ・キャンプ」に集まった、マインクラフトには一過言あるメンバーです。みんな面談やセミナー、体験型プログラムなどを通じ ...

目を瞑り、ゲームをプレイしているいぐぴーのアイコン

ePARA CARNIVAL Fortia イベントレポート

全盲ゲーマー・いぐぴーが「ePARA CARNIVAL 2022 SPRING」心眼CUP powered by SYCOM団体戦を振り返る

皆さんこんにちは。Blind Fortia(ブラインド・フォルティア)所属の全盲ゲーマー「笑顔を絶やさぬ挑戦者」いぐぴーです。 去る5月28日、J-SQUARE品川/JOYSOUND品川港南口店で行わ ...

ePARA CARNIVAL

インドネシアのゲームメディアが「心眼CUP団体戦」をレビュー〜INDOGAMERS記事・日本語訳〜

去る5月28日に開催された「ePARA CARNIVAL 2022 SPRING」での「心眼CUP powered by SYCOM 団体戦」。Blid Fortia(ブラインド フォルティア)、Ga ...

ePARACARNIVL のロゴ

ePARA CARNIVAL ePARAレポート

本気で遊べば、明日は変わる~ePARA CARNIVAL 2022 SPRING ゲーム(eスポーツ)デー参戦レポート〜

はじめまして。スタートアップを主な対象として、ビジネスとテクノロジーに関する記事執筆をしているNocchiと申します。仕事柄、さまざまな業界の人と会話することが多いのですが、ダイバーシティやインクルー ...

ePARAユナイテッドのロゴ

ePARA CARNIVAL 座談会

車椅子なでしこ誕生!?キャラ濃いめ女子会【りょうこ・みぽりん・あーりん】-ePARAユナイテッド座談会Part.3

2022/5/26    

「車椅子になる前はサッカー大好きでよくやってた!」「車椅子でちょこんとボールに触れたことがあるくらい」「ボールを蹴ろうとしたら自分が転がってた」 … そんな三者三様キャラ濃いめの車椅子なでしこ3人がe ...

ePARA CARNIVAL Fortia 座談会

雪辱に向けて日々猛練習中!【Blind Fortia】-心眼CUP団体戦出場チーム紹介Part.3

去る2022年4月17日(日)、『ストリートファイターV チャンピオンエディション』で視覚情報を用いずに戦いを繰り広げるeスポーツ大会「心眼CUP powered by SYCOM」(以下、「心眼CU ...

ePARAユナイテッドのロゴ

ePARA CARNIVAL 代表インタビュー

パラアスリートから見たeスポーツの価値【Chan3・ATSUYA】-ePARAユナイテッド座談会Part.2

2022年春より活動を開始したePARA(イーパラ)発のeサッカーチームePARAユナイテッドのメンバーであり、これまでもパラeスポーツの世界で活躍してきたアスリートのお二人、石井康二さんと矢口敦也さ ...

ePARA CARNIVAL ePARA大会 座談会

自分らしさを大切に!素人でも楽しめる!【領家グリーンゲイブルズ】-心眼CUP団体戦出場チーム紹介Part.2

去る2022年4月17日(日)、『ストリートファイターV チャンピオンエディション』で視覚情報を用いずに戦いを繰り広げるeスポーツ大会「心眼CUP powered by SYCOM」(以下、「心眼CU ...

ePARA CARNIVAL ePARA大会 座談会

全力でゲームの面白さを伝えたい【Galaxy Laboratory】— 心眼CUP出場チーム紹介Part1

去る2022年4月17日(日)に都内某所にて、『ストリートファイターV チャンピオンエディション』(以下、『ストV CE』)で戦いを繰り広げるeスポーツ大会「心眼CUP powered by SYCO ...

ePARA CARNIVAL ePARA大会

全盲の格闘ゲーム大会「心眼CUP」を観た聴覚障害・くらげが「障害者の限界ってなんだろうね」と改めて考えた

私はネガティブな性格をふんだんに抱えた障害者なので「障害があってもなんでもできる」という「キレイゴト」のようなものを好まないのだけど、一方で「障害があるということで過剰に『デキナイヒト』として扱われる ...

© 2022 ePARA