株式会社ビーウィズロゴマーク BTOパソコンのサイコムロゴマーク ヨギボーロゴマーク ジョイサウンドロゴマーク

ePARAレポート

脳性麻痺ひだりぃの「Heart×ePARA バリアフリーeスポーツプロジェクト〜人と人の心を繋ぐ〜」フォートナイト大会レポート〜挑んでいくことで伝える勇気〜

みなさんこんばんは、ひだりぃです。先天性の脳性麻痺により左の上下肢がほとんど動かない障がいがあります。制限がありながらも工夫して「フォートナイト」などのゲームタイトルをプレイしています。

【過去記事】左半身が不自由もフォートナイトでビクロイ目指す~脳性麻痺ひだりぃ、希望を与えるパラeスポーツプレイヤー目指して~

eスポーツ×教育という新しい試み

2021年12月12日、Heartクラン様との共同企画「バリアフリーeスポーツプロジェクト〜人と人の心を繋ぐ〜」に全盲プレイヤーのいくぴーさんと一緒にアンバサダーとして参加させていただきました。この大会は、eスポーツを通じて知らないことを知っていこうという趣旨で、「eスポーツ×教育」という部分に着目して開催されました。ePARAからも多くの障がい当事者の方々たちが参加し、大会当日までの練習やコミュニケーションを通じて、お互いのことを知って障がいに向き合っていくとてもいい機会となりました。ほかにも、障がいについてお子さんに伝えるために親子で参加されている方々もいました。

当日の様子はこちらからご覧ください。

当日の様子

当日は全4試合行われ、障がいを持っている方でも楽しめるルール作りがされていて、私は1.2試合目に参加し、3.4試合目は実況解説側に回りました。

ルールの詳細は以下の通りになります。

1試合目 バリアフリーバトル:全プレイヤー建築禁止
2試合目 Heartサポートマッチ:どちらかが攻撃のみ、またどちらかが建築、回復のみ
3試合目 デュオコネクト:通常ルールのデュオマッチ
4試合目 手と手:通常ルールのスクワッド

1試合目:バリアフリーバトル

フォートナイトといえば、「建築」が特徴的な要素ではありますが、あえてそれを禁止にすることにり、ライバルたちとどう戦い、どうやって仲間を守るかが重要となる一戦です。

僕自身あまり建築が得意な方ではないので、エイムさえ頑張ればビクロイを取れる可能性があるということで少し期待していました。普段当たり前のように行なっている建築ができないというのは思いのほか難しく、攻撃されると反射的に建築を立ててしまいそうになりました。

結果としましてビクロイはとれなかったものの、キルを数回することができたので良かったかなと思います。試合が終わってから知った話なのですが、1試合目でキルをした相手に全盲プレイヤーであるなおやさんのチームがいたようです。

2試合目:Heartサポートマッチ

2試合目は、どちらかが攻撃のみ、またどちらかが建築と回復のみということで、僕が攻撃担当で、相方のHeartクランownerであるはとぽぽさんに建築、回復担当をしてもらいました。普段は1人で担っている作業を、2人で分けてプレイするということで、お互いのコミュニケーションや意思疎通がとても大事な一戦となりました。

この試合では早い段階で攻撃担当である僕がやられてしまい、攻撃ができないはとぽぽさんが建築を駆使しながら必死に逃げてくれたのでなんとか一度は蘇生してもらえたものの、すぐに奇襲されやられてしまうことになりました。

3.4試合目:実況解説

3.4試合目は、プレイ側から実況解説側に回らせてもらいました。初めての実況解説ということで、やる前はとても緊張したのですが、大会前から何度か打ち合わせも兼ねてフォートナイトをプレイしていたこともあり、当日はそれほど緊張することもなく実況解説できたかなと思います。

いままではプレイすることに集中していたこともあり、僕が実況解説をするとは考えていなかったので今回このようなお話がきて、新しいことにチャレンジする良い機会だったと思います。プレイはもちろんのこと、実況解説もとても楽しかったので、今後はプレイだけでなく、実況解説などにも積極的に挑戦していきたいと思いました。

アンバサダーとして参加するにあたって感じたこと

当日の準備としては、台本などの読み合わせはもちろんのこと、実況解説を盛り上げるためにみんなでフォートナイトをプレイしました。日常の話などをして仲を深めたり、シーズンが変わってすぐのタイミングだったのもあって新たな気づきや発見もあったり、とても有意義でした。

実際に本番は台本通り進めていくので、特にミスもなく成功に終わりましたが、フリートークの場面では、会話のタイミングが非常に重要で多少会話が被ってしまうことがあったので、次回挑戦する機会があれば、その辺に気をつけていきたいなと思いました。

国分寺でのバリアフリーeスポーツ大会の経験を経て

前回の大会国分寺青年会議所主催イベント「eスポーツの祭典 ~掴め VICTORY ROYAL」

と今大会とで計2回アンバサダーを経験させていただきましたが、自分の障がいのことなどを知ってもらうとてもいい機会となりました。一部オフラインの開催でしたが、今回は全面オンラインということだったので、個人的にはオンラインの方が緊張せずにコメントできたのかなと思います。

「eスポーツの祭典 ~掴め VICTORY ROYAL」の様子はこちらをご覧ください。

「eスポーツの祭典 ~掴め VICTORY ROYAL」ではオフラインでインタビューも受けました。

実際に大会終了後は、TwitterのDMなどで、同じように脳性麻痺を持っているゲーム好きの方々から連絡があり「ゲームを諦めていましたが、私も挑戦してみようと思います」等の連絡をいただき、アンバサダーの影響ってすごいな!!と実感しています。

同じように「脳性麻痺を持っており、ゲームプレイを諦めている方」というのは一定数いると思うので、今後もこういった活動を通して1人でも多くの方に勇気を与えられればいいなと思っています。

今大会を通じて、改めて認識したゲームの力の偉大さ

普段何気なく生きているだけでは交わらなかったであろう人たちが「フォートナイト」という一つのゲームを通じて知り合い、お互いへの理解を深めていくことができる「ゲーム」というものはとても偉大だと思います。ゲームについては、「たかがゲーム」と考える人も多くいらっしゃるとは思いますが、私自身はゲームを通じて、こんなにもたくさんの仲間たちと出会えたので、ゲームをしていて良かったと改めて思いました。

今回の大会は、「eスポーツ×教育」という趣旨で開催されたということもあり、プレイしている方々だけでなく、配信を見てくださった方々にも少しでも障がいについて知っていただける良い機会となっていたら幸いです。

僕自身、リアルスポーツは全然向いてなくて体育の成績も毎回2(1は授業に出席していない人の評価で実質2が最低点数)の成績しかつかないくらいに運動ができないのですが、「eスポーツ」では、ハンデがありながらも多少の工夫をすることで健常者と対等に戦えるようになりました。ゆくゆくは、同じように障がいを持っている多くの人たちに少しでも勇気を与えられる、そんな人間になりたいと思っています。

-ePARAレポート
-,

© 2022 ePARA