eスポーツ大会 インタビュー

国分寺市の魅力を調べてみた〜東京の中の緑豊かな街並みと素敵なカフェ〜

2021年10月17日、国分寺青年会議所 魅力あふれるまち創造委員会主催のFORTNITEオンライン大会「eスポーツの祭典 ~掴め VICTORY ROYAL」が開催され、ePARAが運営協力をいたします。
本大会は新型コロナウィルス感染症に対する予防対策の観点から、一部の関係者を除いてはオンラインで開催されます。

FORTNITEオンライン大会「eスポーツの祭典 ~掴め VICTORY ROYAL」URLはこちら
2021年10月17日(日)13時00分~17時00分 放送


今回は、「オンラインのイベントでも、国分寺市の魅力を感じてほしい」との思いから、ePARAの双極性障害ライター・彼岸花が国分寺市の魅力を調査しました。

産みの親はタツノコプロ!キュートなご当地キャラぶんじほたるホッチ

国分寺市の魅力紹介にあたり、まずはとても可愛らしいご当地キャラクターのぶんじほたるホッチの紹介から。

水・緑・光を象徴としているホッチは、株式会社タツノコプロのキャラクターデザイナーであり、同社創業者の​​吉田竜夫さんの長女、吉田すずか氏により生み出されました。タツノコプロらしいタッチとキュートな雰囲気が特徴です。ぶんじほたるは国分寺のシンボルであり、ホッチは国分寺市にしか住んでいない新種のホタルなんだとか。是非会ってみたいですね!
また、ぶんじほたるホッチのTwitterアカウント(@koku_hocchi)では、国分寺のイメージキャラクターとしてホッチが国分寺の情報を発信しています。

国分寺エリアの観光名所

国分寺駅は、東京駅から中央特快で36分、中央線快速で44分。東京を東西に走るJR中央線、南北を結ぶ武蔵野線や西武国分寺線、多摩湖線など複数の路線が乗り入れています。都心からのアクセスがよい、住みやすい、環境も良いと三拍子揃った国分寺は、東京多摩エリアに属しています。ここでは緑あふれる観光スポットをいくつか紹介していきましょう。

都立武蔵国分寺公園
円形広場が特徴となっている都立公園で、​​旧国鉄・鉄道学園跡地に造られました。国分寺まつりの会場でもあり、他の名所となる国分寺や​​真姿の池、都立多摩図書館とも隣接しています。西国分寺駅から徒歩7分ほどのところにあります。

大きな池に都立武蔵国分寺公園の石碑がある
都立武蔵国分寺公園 円形広場そばの池には鳥も訪れます。
都立武蔵国分寺公園を彩る大きな桜の木
都立武蔵国分寺公園 春の桜の様子 お花見スポットにもなっています
都立武蔵国分寺公園のおまつりの様子、人がたくさん遊びにきて楽しんでいる二枚の画像
都立武蔵国分寺公園 おまつりの様子 市内外から多くの人が集まりにぎわいます

国分寺
国分寺駅から徒歩20分、西国分寺駅から徒歩12分のところにあるお寺です。境内の薬師堂に安置されている木造薬師如来坐像は、国指定重要文化財です。毎年10月10日に開帳されています。近隣には昔の国分寺跡もあります。

国分寺楼門、おくに国分寺が見える
国分寺楼門 奥に国分寺が見えます
国分寺と書かれた大きな石碑、国分寺の跡
国分寺跡

お鷹の道・真姿の池湧水群
環境省選定の名水百選の一つであり、江戸時代に周辺が尾張徳川家の鷹場であったことから名づけられました。都指定名勝、都名湧水57選でもあります。池の中に弁財天が祀られています。絶世の美女・玉造小町が病で苦しんだ際、武蔵国分寺で願をかけたところ「池で身を清めよ」と霊示をうけ、回復したという言い伝えがあるそうです。

お鷹の道 国分寺市観光協会と書かれた赤い木札と小川
お鷹の道
緑の木々と小川が流れる真姿の池湧水群
真姿の池湧水群
お鷹の道、真姿の池湧水群で集まった水が小川になり、お鷹の道の脇を流れている
お鷹の道 真姿の池湧水群で集まった水が小川になり、お鷹の道の脇を流れています

国分寺市出身・りみこと語る国分寺の魅力

国分寺をよりよく知るため、国分寺市出身でありePARA編集局メンバーでもあるりみこさんに話を聞いてみました。
Zoomを使った女子会には、eスポーツの祭典 ~掴め! VICTORY ROYAL~の大会アンバサダー・いぐぴーさんも参加。
わたくしライター彼岸花も同じ多摩地域の出身であることから地元トークで大盛り上がり。りみこさんの国分寺愛といぐぴーさんの明るい言葉でとても楽しい時間となりました。その模様を一部、ご紹介します。

インタビュー参加メンバー

国分寺市出身・ePARA編集局 りみこ

小さな子供がBE HAPPY という吹き出しを持ち、大人の女性のがハートマークの吹き出しを持っている

eスポーツの祭典 ~掴め! VICTORY ROYAL~ 大会アンバサダー・いぐぴー

目を瞑った髪の短い女性がゲームをプレイしている

ePARAチーフライター 彼岸花

槍を持った茶色の髪の長い女性、ePARAの文字

都会の住みやすさと、自然の調和する街

彼岸花:今日はどうぞよろしくお願いします。りみこさんは国分寺とゆかりがあるようですが、どのくらい住んでいたのでしょうか?

リミコ:​​中高時代から、合計10年以上は国分寺に住んでました。今も近隣に住んでいます。国分寺は昔から大好きな街なので、好きなところを話し始めると止まらなくなりそうです!

彼岸花:いぐぴーさんは、国分寺に対してどんなイメージをお持ちですか?

いぐぴー:静かなところというイメージがあります。私は視覚障害があり、聴覚や嗅覚が敏感なのですが、古き良き建物があったり懐かしい匂いが感じられるのではないかと想像しています。あと、国分寺では美味しいお野菜が採れるのではないかな、と期待しています。

りみこ:今の国分寺駅の周りは再開発が進んでいて、色々なお店やタワーマンションもありますが、少し離れると公園や史跡、畑といった、空が広いところもあります。先ほどいぐぴーさんがおっしゃっていた嗅覚という点では、歩いているだけでむせ返るような緑や花の匂いがするところもあります。聴覚という点では、「お鷹の道」という散歩コースに沿って小川が流れていて、川のせせらぎも聞こえますし、冷たい湧き水で触覚も味わえます。

国分寺愛で運営されるぶんぶんウォーク、こくベジとは?

彼岸花:田舎のような大自然というよりは、歴史の中で洗練されていった自然という感じなのかもしれないですね。そんな国分寺を味わえるようなイベント等もあるのでしょうか?

りみこ:2011年から毎年秋に行われている「ぶんぶんウォーク」というイベントがあります。まちをぶらぶら歩きながら、国分寺の魅力を再発見できるというコンセプトで、例年、市内の多くのお店、カフェ、ギャラリーなどが参加します。コロナ禍の昨年は「ぶんさんウォーク」という名前で開催され、今年も企画が進んでいると聞きました。

また、いぐぴーさんがお野菜のお話もしていましたが、国分寺は「こくベジ」という、国分寺300年野菜のプロジェクトがあるんです。農家もたくさんあり、こくベジを使ったカフェやお店にはこくベジのポスターが貼ってありますので、是非訪れてみてください。

ぶんぶんウォークやこくベジの他に「ぶんじ」という地域通貨や、まちをフィールドに"学びと活動"をつなげるコミュニティ「こくぶんじカレッジ(こくカレ)」等、市民が国分寺について考えるイベントやコミュニティが多いのも、魅力の一つだと思います。

国分寺を彩るコンセプトカフェ

彼岸花:青年会議所でイベントも開かれますし、若い方も国分寺が好きで色々やってらっしゃるんですね。

りみこ:若い方ばかりではなく、昔から住んでらっしゃる方も、意識高く地域の環境保全などに取り組んでいるイメージがあります。お鷹の道に位置する「史跡の駅 おたカフェ」では、直ぐ側を湧き水が流れていることもあり、水に関する様々な専門家を講師に招いた「水の学校」が開かれ、近所のご年配の方も多く参加していました。

国分寺のコンセプトカフェ4選

りみこ:国分寺は魅力的なカフェが本当にたくさんあります。その中でおすすめを4つ紹介します。

【りみこおすすめ:国分寺のコンセプトカフェ】
クルミドコーヒー
東京都国分寺市泉町3-37-34 マージュ西国分寺1F  「西国分寺駅」より徒歩約15分
落ち着いた雰囲気のカフェで、内装には優しさや暖かさを感じます。こだわりのコーヒーと手作り感溢れるメニューが楽しめます。

史跡の駅 おたカフェ
東京都 国分寺市西元町1-13-6 「国分寺駅」より徒歩約20分、「西国分寺駅」より徒歩約15分
お鷹の道ほど近くにある、休憩にも使えるカフェ。国分寺でとれた野菜や果物も楽しめます。

cafe Slow
東京都国分寺市東元町2-20-10  「国分寺駅」より徒歩約5分
スロー=繋がりを大事にし、優しさを感じられるカフェで、ショップが併設されています。様々なイベントも開催され、心地よい暮らしを応援してくれます。

コクテル堂コーヒー 国分寺店
東京都 国分寺市 南町 3-20-3 セレオ国分寺 8F  「国分寺駅」より徒歩約1分


いぐぴー:どのカフェもとても雰囲気がよくて、作詞作曲や絵描きなど、芸術活動をするのに良いヒントを得られそうですね。良いアイディアが浮かびそう!

りみこ:西国分寺駅を出発し、クルミドコーヒーでモーニングを食べ、その後都立武蔵国分寺公園を通ってお鷹の道に入り、おたカフェで昼食のカレーを食べて国分寺土産をチェックして、そのまままたお鷹の道を進んで、カフェスローでおやつ、国分寺駅から帰宅、というコースが最高の休日ですね!

遊びに行きたくなる、住んでみたくなる街、国分寺へ

彼岸花:りみこさんのお話を伺っていたら、国分寺にお散歩とカフェ巡りしに行きたくなりました。都内で引っ越すならば、国分寺も選択肢に入りそうなほど気に入ってしまいました。アクセスも良いですし、国分寺へのお出かけ、アリですね。

いぐぴー:東京の、人が多く爆音が響くようなエリアは苦手ですが、国分寺なら行ってみたいです。今住んでいる群馬とはちょっと違うようでいて、でもどこか似たようなところもあると感じます。

彼岸花:りみこさん、いぐぴーさん、今日はありがとうございました!

FORTNITEオンライン大会「eスポーツの祭典 ~掴め VICTORY ROYAL」

ePARAメンバーで、東京の多摩エリア愛に溢れた国分寺トークになりました。東京も都心部は大都会という雰囲気ですが、ちょっと離れると、国分寺のように自然があふれ、住むのに便利で、気楽に遊びに行けて良い、ちょうどいいエリアがあります。

今回、ePARAが運営協力をいたしますFORTNITEオンライン大会「eスポーツの祭典 ~掴め VICTORY ROYAL」は、先述の通りオンラインでの開催となります。いつかオフライン開催でたくさんの方に国分寺に足を運んでいただけたら良いですね。
もし東京を訪れることがあれば、国分寺にも足を伸ばしてみてください。

2021年10月17日(日)13時00分~17時00分 放送


リンク集

eスポーツの祭典 ~掴め! VICTORY ROYAL~
国分寺青年会議所
国分寺青年会議所(Twitter:@kokubunjijc505)
ぶんじほたるホッチ
ぶんじほたるホッチ(Twitter:@koku_hocchi)
株式会社タツノコプロ
吉田すずか
都立武蔵国分寺公園
都立多摩図書館
国分寺
お鷹の道・真姿の池湧水群
ぶんぶんウォーク
国分寺三百年野菜 こくベジ
国分寺地域通貨 ぶんじ
こくぶんじカレッジ(こくカレ)
クルミドコーヒー
史跡の駅 おたカフェ
cafe Slow
彼岸花(Twitter:@higanbanamikan)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

彼岸花

双極性障害ママゲーマー彼岸花です。双極性障害は一生のお付き合いとなる精神疾患ですが、受け入れながら育児!家事!気晴らしにゲーム!時々元気に時々休みながらエンジョイしています。

-eスポーツ大会, インタビュー
-,

© 2021 バリアフリーeスポーツePARA