Fortia ブラインドeスポーツ

闘い方は無限大。己の技でバリアを壊す、障害当事者の格ゲーユニット「Fighting Fortia」活動開始のお知らせ

株式会社ePARA(本社:埼玉県戸田市、代表取締役:加藤大貴)は、バリアフリープロジェクト「Fortia」(フォルティア)の新ユニットとして、障害当事者の格闘ゲームユニット「Fighting Fortia」(ファイティング フォルティア)の活動を開始致しましたことをお知らせいたします。

世界や多様性を包み込むイメージの赤色の三日月と、スティグマや偏見を打ち破る力のイメージと格闘ゲームを象徴する拳と拳がぶつかり合うアイコンが描かれたの黒の土星が重なり合うモチーフの下に、 Fighting Fortiaの文字

Fighting Fortia」は、障害当事者が格闘ゲームを主体として活動するePARA発のプロジェクトチームです。「鉄拳7」「ストリートファイターⅤ」「スカルガールズ」など様々な格闘ゲームをプレイしながら世界中のプレイヤーと交流をしていくことを目指しています。

株式会社ePARAは、2019年11月に加藤大輝が立ち上げて以来、eスポーツを通じて障害者と雇用先である企業とのマッチングの場を提供してまいりました。障害を持つ当事者のみで構成されたチームで、様々な挑戦を進めてまいります。

「Fighting Fortia」加入プレイヤー

Jeni(株式会社ePARA所属 キャプテン・ストリートファイター5リーダー)

jeniという文字と車椅子に乗ったjeniの絵とゲームキャラクターがポーズをとっている

デュシェンヌ型筋ジストロフィーの格闘ゲーマー。顎で操作するコントローラーを自作しプレイしている。毎日が勝負という熱い闘志を持ち、「Fighting Fortia」の活動に挑む。
(得意なゲームタイトル ストリートファイターⅤ)

S.H.O.W(鉄拳7 コーチ)

S.H.O.Wの字が入った帽子を被る女性の画像

2014年より急性骨髄性白血病を患い、現在も術後の慢性GVHDと闘っている鉄拳7プロプレイヤー。優しくも的確な指導でチームメンバーの実力の底上げを行い勝利へ導く鉄拳7コーチ。
(得意なゲームタイトル 鉄拳7)

むぎちゃん(ビーウィズ (株)所属 鉄拳7リーダー)

パンダを背負った目隠しをしている女性の画像

軽度の知的障害がありながらも、地道な練習と大会への出場で圧倒的な実力を手に入れた鉄拳7チームのリーダー。ePARA内でも突出した鉄拳スキルを持つ。カブトムシやクワガタの飼育も趣味にしている。
(得意なゲームタイトル 鉄拳7)

とりちゃん

筋骨隆々の男性がポーズをとっている

ベッカー型筋ジストロフィー。ePARAchampionship2019にて初代王者となった車椅子の鉄拳プレイヤー。YouTubeで積極的に配信も行い、マーシャル・ローのコスプレも披露していた。
(得意なゲームタイトル 鉄拳7)

たま

銃を持った男性がドットで描かれている

多動型のADHD、FPSFortiaでも活躍し、銃も拳も使いこなすマルチプレイヤー。多動は強みであり、予備自衛官補の経験から培われた強いメンタリティで着実に実力をつけている。
(得意なゲームタイトル 鉄拳7)

Su_弾丸ファイター

正面に向かって銃を構える眼鏡をかけた男性

二次障害による双極性障害と、交通事故による身体障害。精神保健福祉士の資格を持ち、パソコンの組み上げが得意。FightingFortiaでの鉄拳の特訓により着実に実力をつけている。
(得意なゲームタイトル 鉄拳7)

なおや

サングラスをかけた男性がマイクの前でポーズをとっている

先天性の全盲。視力障害がありながらも声優やナレーターをし、さらにはeスポーツプレイヤーまでマルチにこなす。音で動きを認識し闘うという全盲ならではのプレイスタイルで闘いを繰り広げる。
(得意なゲームタイトル ストリートファイターⅤ、鉄拳7)

いぐぴー

赤縁の眼鏡をかけた髪の長い女性

先天性の全盲で、過去にのど自慢大会での優勝経験があり、音楽も強みの鉄拳プレイヤー。ePARA CHAMPIONSHIPで一勝を上げる。全盲でありながらも様々なゲームを楽しむ挑戦者。
(得意なゲームタイトル ストリートファイターⅤ、鉄拳7)

「Fighting Fortia」とは?

ePARA CHAMPIONSHIPにて活躍したプレイヤーや、格闘ゲームをプレイし研鑽する障害当事者を集めたユニット。毎週の練習と隔週のコーチングにより親睦を深めながら実力を磨いています。

「Fighting Fortia」誕生に至るまで

「Fighting Fortia」主な活動内容

  1. 定期練習会によるレベルアップ(鉄拳7、ストリートファイター5)
  2. 各種格闘ゲームのeスポーツイベントに出場
  3. ePARAのニュースサイト(https://epara.jp)における活動の情報発信

今後の目標とする活動内容

  1. 世界各地のパラeスポーツプレイヤーとの交流
  2. パラeスポーツの認知拡大に向けた情報発信
  3. 企業・団体との共創・協業によるSDGsの具現化

活動についてのお問い合わせ

私たちの活動をサポートしてくださる企業様・個人の方・障害をお持ちの方、そして共に活動したい障害当事者の方は随時募集しています。下記、連絡先よりお問い合わせください。

株式会社ePARA 「Fortia」担当宛

問い合わせフォーム : https://epara.jp/contact/
E-mail:info@epara.jp
Tel: 03-4400-2855

株式会社ePARA概要

代表取締役:加藤大貴

事業の目的:ePARAは大会やイベントの運営・受託業務の履行・障害者雇用の推進およびそれらの情報発信を通じ、世の中の人に「困難や限界を超える精神や力」への気づきを与え、誰もが輝ける社会の実現を目指します。

事業内容
1.eスポーツイベント事業(バリアフリーeスポーツの企画、運営、支援)
2.就労支援事業(障害者を中心とした就労支援、継続支援)
3.ウェブマーケティング事業(企画、調査、解析、デザイン、制作、開発、運用)
4.メディア運営事業(バリアフリーeスポーツに関するニュースサイト「ePARA」)
5.コーチング事業(メンタルコーチング、ゲームタイトル別コーチング)

HP:https://epara.jp/

住所:埼玉県戸田市下前 1-14-8

-Fortia, ブラインドeスポーツ
-,

© 2021 バリアフリーeスポーツePARA