プレイレポート

うつ病で無気力に悩む筆者が興味を持てたスプラトゥーン2

ePARA(イーパラ)初の寄稿になります『関』と申します。自分は、仕事のストレスやADHDが原因でうつ病を患って5年間ほど闘病生活をしています。ePARAでは、VALORANT特集③バリアフリーeスポーツ企業交流戦レポート~ 緊急出場編~を執筆されたSu 弾丸ファイターさんと一緒にVALORANT企業交流戦などに出場しています。

自分には悩みがありました。それは何も楽しめないことです。
ゲームもテレビも映画も漫画も昔は楽しめていたことが楽しめない状態になってしまうことです。

どんなに楽しいゲームとわかっていてもプレイするのが億劫でいわゆる積みゲー(購入したがプレイしていないゲーム)が増えるばかりでした。ただただ毎日が何もせず過ぎてゆく・・・そんな毎日でした。今回はそんなとても辛い自分を救ってくれたゲーム『スプラトゥーン2』(Splatoon 2)について書いていきたいと思います。

スプラトゥーン2とは?

スプラトゥーン2は任天堂より2017年7月に発売されたアクションシューティングゲームです。2015年5月に発売されたWii U専用ゲームソフト『スプラトゥーン』のシリーズ2作目として、Nintendo Switch専用ソフトとして発売されました。国内だけで発売3日間で67.1万本を売り上げ、2020年3月末時点の累計売上本数は1000万本を突破。発売から3年経過しているにもかかわらず、任天堂の2020年 上半期ダウンロードランキング TOP30パッケージソフト(ダウンロード版)で4位に入っているロングセラーのタイトルです。

スプラトゥーン2は、プレイヤーが武器を持ち相手の陣地をインクで塗ったり倒したりするゲームです。相手に倒されると終わりではなく、スタート地点に戻されてまたプレイを再開できます。最終的にたくさん陣地を塗ったチームが勝利します。任天堂らしい遊びやすさでプレイしている年齢層も広く、男性から女性まで人気があります。筆者の従兄弟(小学2年生の女の子)や女性の友達もプレイしています。

スプラトゥーン2の配信

先述の通り発売から今でもプレイヤーの数は増加しており、イベントやプレイ動画の配信も盛んです。最近では2020年のGW限定でスプラトゥーン2購入者とも対戦可能の体験版が配信されたり(筆者はこのときに購入しました)新規層も増えています。また、お笑い芸人の有吉弘行さんの出演するテレビ東京系列『有吉ぃぃeeeee!』でも何度も放送され、有吉ぃぃeeeee!【公式】You Tubeチャンネルでもスプラトゥーン2のプレイ動画が公開されました。ひかきんのようにゲーム実況者の方も数多くのプレイ動画を公開し、そのゲーム性の高さを楽しんでいます。

スプラトゥーン2の5つの魅力

うつ病を発症し、楽しいことが何ひとつないと感じて苦しんでいた筆者。スプラトゥーン2は、そんな筆者を熱中させてくれる楽しいゲームでした。ここでうつ病でADHDの筆者にとってのスプラトゥーン2の魅力を5つお伝えします。

フィールドをインクで塗る爽快感

まずはこれですね。筆者はチュートリアルの段階で感動しました。ステージをインクで塗りたくるのがとにかく爽快感に溢れています。スプラトゥーン2は通常ではかなり動きが遅いのですがインクで塗ったエリアは潜ることができスイスイ移動ができます。インクをバラまいてステージを駆け巡る・・。これでけでもかなり気持ちがいいんです。

スプラトゥーン2で筆者の操作するインクリング(イカ)がエリアを爽快にピンクに染め上げる様子。

TPSだけど初心者でも敵を倒せる!

筆者はTPS(サードパーソン・シューティングゲーム:第三者視点でキャラクターを操作し、敵を攻撃して倒すゲーム)やシューティングゲームがすきなのですがとても下手で、とにかく敵が倒せなくて何度も挫折してきました。しかしスプラトゥーン2は他のTPSやシューティングゲームよりも射程が短く、エイム(敵に標準をあわせる事)が下手でもそれなりに敵を倒すことが可能です。また、フィールドがあまり広くなく隠れる場所もあるのでローラーなどの近接武器で遠距離武器の敵も倒せます。
筆者も初めてプレイしたときでもそれなりに敵を倒すことができ、楽しくプレイできました。

ゲームバランスがとても良い!

スプラトゥーン2には様々な武器があり、いろいろな戦法をしかけることができます。そしてどの武器も使い方次第で敵を圧倒できます。現在でもスプラトゥーン2はアップデートを繰り返し、強すぎる武器はスペックが落とされたり、弱すぎる武器はスペックが上げられたりと細かい調整がされています。最初は好きな武器を見つけてその武器を極めることをおすすめします。

スプラトゥーン2のブキ屋で武器を検討している画面。

敵を倒せなくてもチームに貢献できる!

敵を倒すことばかり書いてしまいましたが、敵を倒すことが目的のゲームではありません。スプラトゥーン2では多くの陣地を塗ったチームが勝利します。そのため『敵が倒せない!』という方も陣地を塗りまくることでチームに貢献でき、塗った分だけ経験値がたまります。そこが他のTPSやシューティングゲームと違うところであり、TPSやシューティングが苦手な筆者も挫折せず続けられたポイントでもあると思います。

スプラトゥーン2、ガチマッチの結果画面。

スプラトゥーン2はこんな人にオススメ

友達を増やしたい

ゲームをきっかけに友達を増やしたい方にオススメです。
筆者はスプラトゥーン2にハマり、自分の周りの人にもオススメをしました。年上・年下・男性・女性問わずさまざまな層の方もプレイしやすいことから、一緒にプレイしてくれる友達が増えました。昨今のTPSやシューティングは、割とコアなゲームが多く感じられます。その点、スプラトゥーン2はどんな方にも受け入れられやすいと思います。パーティーゲームのような感覚でできるので、スプラトゥーン2をプレイすることをきっかけに、友達と親睦を深める・・なども期待できると思います。

うつ病を患っている方

筆者の様にうつ病にかかっている方にもオススメです。
これは筆者の体験ですが、他のゲームをプレイして負けたりゲームオーバーになると敗北感が強く。『自分はゲームの中でも負け組なのか・・・。』という気持ちが先行し、プレイするのが嫌になってしまいました。しかしスプラトゥーン2は前述の通り誰もが楽しめるゲーム設計・ゲームバランスで他のTPSやシューティングゲームより敷居が低く、倒す倒されるがすべてではないため、自然と『負けた・・・でも爽快で楽しい!』となれました。

ADHDの方

それと筆者の様にADHDの方にもオススメです。
スプラトゥーン2は1試合が3分でとても短く集中力が持続しない方でも手軽にちょこちょこプレイできます。最近のFPSやTPSは1試合が長い傾向にあります。ADHD持ちの方で『FPSは好きだしやってみたいけど、そんなに集中力が持たない!』という方は多いかと思いますが、スプラトゥーン2でしたら挑戦しやすいと思います。

スプラトゥーン2に期待すること

スプラトゥーン2では期間限定のフェスも開催されています。
筆者は5月末に右目に網膜剥離を患い、出術を控えていたたのですが、5月23日~25日に開催の第27回フェス「どっちがお好き? マヨネーズ vs ケチャップ」に片目で少しだけ参戦しました。
2020年8月22日~24日には、第28回フェス「どっちが先? ニワトリ vs タマゴ」が開催され、今度は両目で参戦。ニワトリチームの一員として勝利を収めることができました。
コロナ禍の中で日常の生活に制限が増える昨今ですが、スプラトゥーン2はステイホーム中に心躍る時間を与えてくれます。

発売から3年経過してもまだまだ人気が衰えないスプラトゥーン2。今後もフェスなどの様々な企画や細かいアップデートで『皆が楽しめる楽しいゲーム』を維持していてほしいと思っています。
また、自分の様にうつ病やADHDでゲームが楽しめなくなってしまった人でも、是非一度プレイしてみていただければと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

seki

2015年末に『うつ病』と『ADHD』の診断を受け、2018年に障害者手帳を習得。 放送局で勤務の後、バー勤務やシステムエンジニアを歴任。

-プレイレポート
-, ,

© 2020 ePARA