イベントレポート

発達障害持ちのライターがPUBG MOBILEの対人戦にチャレンジ!

4月18日、ePARAが主催する、PUBG MOBILE体験会がオンラインで開催されました。

筆者も参加者の1人として参戦してきましたので、その様子をレポートします。気になる結果は? そして、意外な影響もあったので、当日の流れをまとめてレポートします。

まずはオンライン会議で参加者説明会

今回の体験会開催にあたっては事前説明会が3回に分けてWeb会議システム「ZOOM」を用いて開催されました。
私は取材のため3回とも参加させていただきました。

初心者の方も多数参加!

事前説明会で目立ったのはやはり初心者のみなさん。このイベントをきっかけに始めた人が多くおられました。

今までやってきたオンラインゲームと全く異なるので苦戦しているといった意見や、他のバトルゲームから移行してきて慣れてきたところという方も。

全体的にやり込んでいる人はそこまでいないのかなと思っていたのですが…。

中にはキャリア1年超えのツワモノも?

お話を聞いていると、中には「1年以上やり込んでます」とおっしゃる方が。

え、すごい人がいるじゃないですか…。これは当日荒れるなあ。と、説明会のメモを取りながらひとりブツブツと。

いくら初心者中心のイベントとはいえ、これは当日、一筋縄では行かないだろうなと、この時点で感じていたのでした。

いざ、開幕! やっぱりいつもと勝手が違う?

そして迎えた18日の午後2時。

総勢46名の参加者が揃い(事務局含む)、戦いの火蓋が切って落とされました。

参加者向けにはYouTubeを用いたライブ配信も用意されていて、YouTuberの鳥越勝さんやPARA代表の加藤さん、別城さん、小林さんで構成される4人の実況陣が。このあたりも本格的な大会といった感じです。あくまで今回は体験会なので、グランプリを決めるというものではありませんでしたが雰囲気は本格的でした。

Round1 車両を生かして17位

そうして、始まったRound1。参加者31名。

参加人数が少ないので、フィールドですぐに会敵することはなく。

私は早々に装備を揃えて、車両を見つけて安地(安全地帯:体力を減らすパルスのないところ)を突き進みます。

これならトップ10は見えるかな?と、少し油断していたところ、ライフルの連射が…。

なんとか振り切って回復キット等を使いつつ、再移動。

だいぶ安地が狭くなってきたところで、強いプレイヤーに長距離射撃されてしまい、終了。

結果は17位でした。

YouTubeで観戦していると、上位と私とは技術レベルが天地の差なんですよね…

ちゃんとしたプレイってこうなんだ…、と大変勉強になりました。

Round2 少し落ち込む21位

少し休憩を挟んでのRound2。参加者32名。

今回も安地内移動の作戦はRound1と一緒だったのですが、車両ごと水の中にハマるやら、建物で迷子になるやら、恥ずかしくなるような凡ミスを連発。

それでも粘ったのですが、やはり長距離射撃が怖い。気づかないところで狙い撃たれ、またあっさりと。

結果は21位。順位を落としてしまい、ちょっと落ち込んでしまいました。

YouTubeで続きを見ていると、各プレイヤーの個性が見えてきました。安地ギリギリをひたひた進む耐久型、建物にこもる拠点型、走り回って積極的に会敵していく遊撃型など、プレイスタイルは様々。こういう事がわかってくると、観戦してるだけでも楽しいじゃないですか。「観る」というのもeスポーツの楽しみ方のひとつなんだなと、再確認させられました。

オープンチャットも大盛りあがり。みんな車両好きだな…。

Round3 なんてこった!降りた途端の遭遇戦 35位

さてさて早くも最終戦です。今回は関係者も参戦し、参加者の人数が増えて36名。

いつもどおり、狙いを定めて空挺降下。までは良かったのですが。

なんとすぐ近くにひとり、プレイヤーが降りてきたではないですか。Round1で抱いた「会敵しにくい」という感想はなんだったのか…。

このままだと装備なしのまま遭遇戦になりそうだったので、急いで建物の中へ。しかしハンドガン1丁しか手に入らず、軽くパニックになっているうちにそのプレイヤーと再遭遇。

やはり成すすべなし!見事一撃で仕留められました。

結果35位。技術的面はもちろんですが、今回武器などのドロップ率は3倍設定だったので、私の運は相当悪かったと思われます。

早々に三度目のYouTube観戦になった私は、上位プレイヤーの華麗な技に驚き、手に汗握り、観戦に相当集中していました。これはこれでありですね。

プレイにあたって気をつけてほしいこと

この体験会、プレイしているときはとても楽しかったのですが、3ラウンド連続プレイだったためかその後体調面に影響が出てしまったので、1つの例として触れておきたいと思います。あくまで個人的な症状なので、メモ書き程度だと思っておいてください。

連続プレイは自分の体調と相談しながら

今回の体験会は3戦連続でした。私はこれまで1日に1・2回程度しかプレイすることはなかったので気づいていなかったのですが、このゲームは結構疲れるうえ、3D酔いするんです。

体験会終了後しばらくして、めまい症状が出てしまい数時間寝る羽目に。結構辛かったです。

すべての人に起こる症状ではありませんが、元々苦手意識のある方は気をつけてください。

不慣れからくる「目の疲れ」

また、目の疲れが相当だったようで、翌日の夜まで目の違和感が残ってしまいました。残像的なものが目を閉じるとウロウロする感じで相当気持ち悪かったです。

障害特性上もともと動くものを見続けると目が疲れやすいのは分かっていたのですが、不慣れなゲームだったこともあり、明確に身体症状として出てしまいました。

これも個人的な感想ですが、心当たりのある方は気をつけてほしいと思います。

オンライン対戦をやって分かった2つのこと

いままでフリーマッチしかしてこなかったので、今回は私にとって初めての対人戦でした。未知のことばかりのまま飛び込んだ、そしてやられまくった、この体験会が終わって得た教訓は2つです。

テクニックはやっぱり重要

やはり痛感したのが、基礎テクニックの圧倒的な不足。

視点移動がやはりうまくいかない=狙撃に気づかずやられる、移動効率が悪くなる。

エイム(照準合わせ)に慣れていない=相手にすぐ逃げられる、撃ち返されてやられる。

この辺はもっとやり込んでおくべきだったなと本当に思いました。

負けたあとの観戦も意外と楽しい

今回の体験会では3戦とも、対戦が半分にいくまでに負けてしまって、観戦時間のほうがずいぶんと長かったのですが、観ているのも結句楽しいんですよねeスポーツって。私は元々野球やモータースポーツの観戦が好きなのですが、それに似た感覚を感じました。これはYouTubeでプレイ動画が流行るのにもうなずけます。

最高でも17位とほとんどやられっぱなしの私の参戦でしたが、今後さらに盛り上がりを見せそうなeスポーツの世界の一端を感じることができました。これからもPUBG MOBILEをはじめ、eスポーツから目が離せません!

私もプレイヤーとしてもう少し粘ってみたいなと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

希央(きお)

希央(きお) 広汎性発達障害・ADHDのWeb系ライター。 ライター業は観光紹介記事やリサーチ記事メインで、体験記は初執筆。 アニメとモータースポーツをこよなく愛する。 詳しくはTwitter @FClaustra

-イベントレポート
-, ,

© 2020 ePARA