株式会社ビーウィズロゴマーク BTOパソコンのサイコムロゴマーク ヨギボーロゴマーク ジョイサウンドロゴマーク

ePARAを支える人たち ニュースリリース

eスポーツのダイバーシティ&インクルージョンを探求 株式会社ePARA、プロeスポーツチーム「REJECT」とパートナーシップを締結

株式会社ePARA(本社:埼玉県戸田市、代表取締役:加藤大貴、以下 当社)は、プロeスポーツチーム「REJECT」を運営する株式会社REJECT(本社:東京都文京区、代表取締役:甲山翔也、以下 REJECT)とパートナーシップを締結したことをお知らせします。

REJECT×ePARAのロゴ

両社は今後、コンプライアンス研修や両チームのeスポーツプレイヤー同士の交流を通じ、年齢・性別・時間・場所・障害の有無を超越した相互理解・共感の場づくりを共創し、eスポーツ業界におけるダイバーシティ&インクルージョンのあり方を探求してまいります。

REJECT 代表取締役 甲山翔也様 よりコメント

eスポーツを通じて、誰もが自分らしく、やりがいをもって社会参加することを目指し、「バリアフリーeスポーツ」を提唱されているePARA様とパートナーシップを締結させていただきました。今後、ePARA様と共創する様々な取り組みにより、当社所属選手たちの成長の機会をいただくとともに、バリアフリーeスポーツの発展に寄与できれば嬉しく思います。

ePARA 代表取締役 加藤大貴 よりコメント

この度、日本で有数のプロeスポーツチームであるREJECT様とパートナーシップを締結することができたことを大変嬉しく思います。ePARAのコミュニティーに所属するメンバーとREJECT様所属選手との交流を通じて、「ダイバーシティ&インクルージョン」社会の実現に貢献したいと思います。

プロeスポーツチーム「REJECT」について

2018年発足のプロeスポーツチームです。主に世界的人気なシューティングゲームタイトルを取り扱い、現在はPUBG MOBILE/ Rainbow Six Siege/Apex Legends/ VALORANT/第五人格/荒野行動/Fortniteの全7部門を保有しています。 モバイルシューティングゲームでは日本トップの実績を上げており、特に「PUBG MOBILE」部門は同タイトルで国内最多となる7回の世界大会出場を誇っています。
https://reject.jp/

バリアフリーeスポーツ「ePARA」について

「本気で遊べば、明日は変わる。」をステートメントに掲げ、バリアフリーeスポーツ(※1)を提唱。
eスポーツを通じた誰もが輝ける社会づくりを目指しています。
障害×ゲームの文化祭「ePARA CARNIVAL 2022 SPRING」の開催、全盲の選手による格闘ゲームイベント「心眼CUP」の開催、バリアフリープロジェクトチーム「Fortia」支援など、障害当事者との共創を積極的に行っています。
※1 バリアフリーeスポーツとは、「年齢・性別・時間・場所・障害の有無を問わず参加できる環境の下行われるeスポーツ」を意味するePARA発の造語です。

両社の共通点「Yogibo」について

Yogiboは、ビーズソファをはじめインテリア家具・生活雑貨などリラックスアイテムを取り扱うライフスタイルブランドです。Yogiboは、世界8ヶ国で展開し、日本国内では、「THE MATCH 2022」の冠スポンサーとして協賛し、那須川天心vs武尊の夢の一戦を盛り上げました。そのほか、アジア各国を転戦するモータースポーツシリーズ「Fanatec GT World Challenge Asia Powered by AWS」への参戦や日本初の女性プロサッカーリーグ「WEリーグ」など各種イベントへの協賛など、社会への貢献を通して“ストレスのない社会を実現する”ことを目指し活動しています。
株式会社REJECTは、2022年2月から「Yogibo」を展開する株式会社ウェブシャーク社とスポンサー契約を締結し、ユニフォームへのロゴ掲載やオリジナルグッズの作成等を行っています。
株式会社ePARAは、2022年5月から同社とスポンサー契約を締結し、「ePARA CARNIVAL 2022 SPRING」での物品提供を受けました。今後は、障害×Yogiboの活用提案なども行っていく予定です

Yogibo×ePARAのロゴ

Yogibo公式オンラインストア
URL: https://bit.ly/3QFjWHd
クーポンコード:EPRA  (※1)
※1 クーポンコード「EPRA」を入力してYogiboを購入すると、株式会社ePARAに売り上げの一部が広告費として支払われます。

株式会社ePARA概要

代表取締役:加藤大貴 
事業の目的:ePARAは大会やイベントの運営・受託業務の履行・障害者雇用の推進およびそれらの情報発信を通じ、世の中の人に「困難や限界を超える精神や力」への気づきを与え、誰もが輝ける社会の実現を目指します。

事業内容
1.eスポーツイベント事業(バリアフリーeスポーツの企画、運営、支援)
2.就労支援事業(障害者を中心とした就労支援、継続支援)
3.ウェブマーケティング事業(企画、調査、解析、デザイン、制作、開発、運用)
4.メディア運営事業(バリアフリーeスポーツに関するニュースサイト「ePARA」)
5.コーチング事業(メンタルコーチング、ゲームタイトル別コーチング) 
HP:https://epara.jp/
関連メディア
コトナル:​​https://cotonaru.yahoo.co.jp/

Twitter
テルル (バリアフリーeスポーツ ePARA オフィシャル):​​https://twitter.com/ePARA_official
加藤大貴:​​https://twitter.com/koken_3
バリアフリープロジェクトチーム「Fortia」from ePARA:https://twitter.com/b_fortia
住所:埼玉県戸田市下前 1-14-8

-ePARAを支える人たち, ニュースリリース
-, ,

© 2022 ePARA