株式会社ビーウィズロゴマーク BTOパソコンのサイコムロゴマーク ヨギボーロゴマーク ジョイサウンドロゴマーク

ePARAを支える人たち ニュースリリース

バリアフリーeスポーツ「ePARA」、快適すぎて動けなくなる魔法のソファ「Yogibo」とスポンサー契約締結

株式会社ePARA(本社:埼玉県戸田市、代表取締役:加藤大貴、以下 当社)は、快適すぎて動けなくなる魔法のソファ「Yogibo」を展開する株式会社ウェブシャーク(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:木村誠司、以下 Yogibo)とスポンサー契約を締結したことをお知らせいたします。

Yogibo×ePARAのロゴ

Yogibo公式オンラインストア
クーポンコード:EPRA(※1)
※1 クーポンコード「EPRA」を入力してYogiboを購入すると、株式会社ePARAに売り上げの一部が広告費として支払われます。

関連サイト:プロジェクト「TANZAQ」ウェブサイト

Yogiboは、2021年7月から社会課題に取り組む団体に広告を出稿する「TANZAQ」プロジェクトを始動し、「社会をより良くする広告文化」の創造を目指しています。当社はそのプロジェクトのひとつとして支援を受け、ePARA CARNIVAL 2022 SPRINGで最初の取り組みを行いました。今後も「本気で遊べば、明日は変わる。」のステートメントの元、障害当事者が輝く環境の創造を目指して挑戦してまいります。

Yogiboの製品を使用しているePARAユナイテッドのチームメンバー
Yogiboを使用している中嶋涼子さん
ePARAユナイテッドメンバーたちの写真
▲Yogibo × ePARAユナイテッドの様子(ePARA CARNIVAL 2022 SPRING)

ePARA 代表取締役 加藤大貴 よりコメント

この度、Yogiboを展開されている株式会社ウェブシャーク様とのスポンサー契約締結を発表でき、大変嬉しく思っております。“ストレスのない社会”の実現を目指されているウェブシャーク様とともに、eスポーツを通じて「年齢・性別・時間・場所・障害の有無にかかわらず誰もが輝ける未来」を共創したいと思います。

Yogibo(ヨギボー)について

ビーズソファをはじめインテリア家具・生活雑貨などリラックスアイテムを取り扱うライフスタイルブランド。Yogiboのビーズソファは従来型のビーズクッションとは異なり、1つでベッド・ソファ・リクライニングチェアなど、用途に合わせて形状を自由に変化させることができます。デザイン性も高い最先端のインテリアとして、ご自宅だけでなくホテルや温泉旅館、キャンプやグランピング施設、オフィスでのビジネスシーンなど、様々な場所で活用頂いています。現在、世界8ヶ国で展開しております。日本国内においては、「THE MATCH 2022」の冠スポンサーとして協賛し、那須川天心vs武尊の夢の一戦を盛り上げました。そのほか、アジア各国を転戦するモータースポーツシリーズ『Fanatec GT World Challenge Asia Powered by AWS』への参戦や日本初の女性プロサッカーリーグ「WEリーグ」など各種イベントへの協賛、「センサリールーム」のプロデュース・普及活動、被災地への支援活動など、社会への貢献を通して“ストレスのない社会を実現する”ことを目指し活動しております。

バリアフリーeスポーツ「ePARA」について

「本気で遊べば、明日は変わる。」をステートメントに掲げ、バリアフリーeスポーツ(※2)を提唱。eスポーツを通じた誰もが輝ける社会づくりを目指しています。障害×ゲームの文化祭「ePARA CARNICAL 2022 SPRING」の開催、全盲の選手による格闘ゲームイベント「心眼CUP」の開催、バリアフリープロジェクトチーム「Fortia」支援など、障害当事者との共創を積極的に行っています。
※2 バリアフリーeスポーツとは、「年齢・性別・時間・場所・障害の有無を問わず参加できる環境の下行われるeスポーツ」を意味するePARA発の造語です。

株式会社ePARA概要


代表取締役:加藤大貴 
事業の目的:ePARAは大会やイベントの運営・受託業務の履行・障害者雇用の推進およびそれらの情報発信を通じ、世の中の人に「困難や限界を超える精神や力」への気づきを与え、誰もが輝ける社会の実現を目指します。
 
事業内容
1.eスポーツイベント事業(バリアフリーeスポーツの企画、運営、支援)
2.就労支援事業(障害者を中心とした就労支援、継続支援)
3.ウェブマーケティング事業(企画、調査、解析、デザイン、制作、開発、運用)
4.メディア運営事業(バリアフリーeスポーツに関するニュースサイト「ePARA」)
5.コーチング事業(メンタルコーチング、ゲームタイトル別コーチング) 
HP:https://epara.jp/
関連メディア
コトナル:​​https://cotonaru.yahoo.co.jp/

Twitter
テルル (バリアフリーeスポーツ ePARA オフィシャル):​​https://twitter.com/ePARA_official
加藤大貴:​​https://twitter.com/koken_3
バリアフリープロジェクトチーム「Fortia」from ePARA:https://twitter.com/b_fortia
住所:埼玉県戸田市下前 1-14-8
 

-ePARAを支える人たち, ニュースリリース
-

© 2022 ePARA