ぷよぷよ

ePARAを支える人たち

Dr.GAMES理事・阿部智史、ゲームが導いたキャリア ~ガチゲーマーはこうして医師になりました~

バリアフリーeスポーツ「ePARA」では、地域・年齢・性別・障害の有無の壁を打ち破るeスポーツカフェ、Any % CAFEのオープンに向けて準備を進めています。(オープニングイベント7月20日、正式オ ...

プレイレポート

色覚多様性一型・三型のゆづぱんから見える世界の色 ~パズルゲーム編~

色の見え方は人によって異なること、ご存知ですか。視細胞には赤・緑・青の色覚があり、その組み合わせで数百万種類にも及ぶ色を見分けます。その色覚の機能の違いがあることを、色覚多様性と呼びます。ひと昔前まで ...

The AbleGamers 海外サイト

関節拘縮症のゲーム開発者が提言!「パズルゲームはもっと色覚多様性に配慮を」

https://epara.jp/ この記事は、アメリカウェストバージニア州を拠点とした障害者のゲーム擁護団体The AbleGamers Charity が過去に公開したコンテンツです。ePARA( ...

ぷよぷよプログラミングイメージ画像

プレイレポート

双極性障害Ⅱ型の私がぷよぷよプログラミングでコーディングに初挑戦

はじめまして、汐と申します。 私は双極性障害Ⅱ型の疾患を持っています。 精神科への通院歴は5年ほどで、はじめは適応障害と診断されていましたが転院してから双極性障害の治療をはじめ、日々自分の病気と向き合 ...

© 2021 バリアフリーeスポーツePARA