障がい者eSportsに関するニュースサイト

ePARA

ePARAニュース編集部が選ぶ週刊eスポーツ通信イメージ画像

週刊eスポーツ通信

ePARAニュース編集部が選ぶ「週刊eスポーツ通信」7月3日号

今週は、障害者とeスポーツのつながりを深める話題や、シャドウバースやVALORANTの大型大会の開催発表など、新型コロナ以降に向けた、新たな動きが感じられるニュースがありました。 また、eスポーツ向けのファンディングサービスや「eスポーツ英会話」など、ビジネスの面でもeスポーツの重要性が増していることが実感できるニュースも多数ありました。 障がい者とeスポーツ 札幌で障がい者「eスポーツ」の親善試合が開催 八雲病院を利用する筋ジストロフィー患者と継続支援トラビズの障がい者らによる「ぷよぷよ™ eスポーツ ...

続きを読む

ぷよぷよプログラミングイメージ画像

プレイレポート

双極性障害Ⅱ型の私がぷよぷよプログラミングでコーディングに初挑戦

はじめまして、汐と申します。 私は双極性障害Ⅱ型の疾患を持っています。 精神科への通院歴は5年ほどで、はじめは適応障害と診断されていましたが転院してから双極性障害の治療をはじめ、日々自分の病気と向き合いながら過ごしています。 今回ご縁があり、ePARAさんで記事を書かせていただく事になりました。 別PNにて作家活動をしているのですが、こういったレポート記事を書くのははじめてです。 おまけにプログラミングに関してはど素人。 さてさて、どうなるでしょうか。 ぷよぷよプログラミングとは SEGA CHALLEN ...

続きを読む

プレイレポート

全盲の僕でもパワプロをやりたくて試したこと

目が見えないわたしとゲームの出会い 皆さん、はじめまして。北村直也と申します。生まれつき全盲の26歳男子です。 私には野球観戦とゲームプレイという二つの趣味があります。 今回は全盲×ゲーム×野球という視点で執筆させていただきました。どうぞお付き合いください。 全盲の私ですが、男3人兄弟だったこともあり、身近にゲームがありました。 戦って敵を倒すだけで秘密キャラクターや必殺技が解放されるゲームは、操作方法さえ分かればプレイできます。 コンピュータ相手はもちろん、兄弟や同じゲームを持つ友達と互角に対戦していま ...

続きを読む

ePARAニュース編集部が選ぶ週刊eスポーツ通信イメージ画像

週刊eスポーツ通信

ePARAニュース編集部が選ぶ「週刊eスポーツ通信」 6月28日号

今週は「ポケモンユナイト」の開発発表や、「ニンジャラ」のサービス開始など新作の話題が目立ちました。 また、Unity教育コースウェアの無償化、ぷよぷよのソースコードを使ってプログラミング教育ができる教材も発表されるなど、次世代育成にも大きく動き出した一週間となりました。 新作情報 ポケモン初のチーム戦略バトルゲーム『Pokémon UNITE(ポケモンユナイト)』開発発表 株式会社ポケモンとTencent Gamesのゲーム開発部門であるTiMi Studiosが共同で開発中の、ポケモン初のチーム戦略バト ...

続きを読む

ePARA大会 イベントレポート

進行性筋ジストロフィーのパラeスポーツプレイヤーTATSUYAのePARA2020レポート

障がい者も健常者もバリアフリーに参加できるオンラインeスポーツイベント「バリアフリー eスポーツ ePARA2020」が2020年5月31日(日)に開催された。 まずは、ePARAサイトへ寄稿させて頂くのは初めてになりますので簡単な自己紹介を。現在、BASE株式会社・名古屋OJA所属のパラeスポーツプレイヤーとして活動中。アスリート活動を通して日々企業のPRに貢献している。 eスポーツに携わる前は、パラリンピック競技にも選ばれている「ボッチャ」という競技で日本一を二度経験。その経験を活かし昨年の11月から ...

続きを読む

進行性筋ジストロフィー

ePARA大会 イベントレポート

進行性筋ジストロフィーのパラeスポーツプレイヤーTATSUYAのePARA2020レポート

障がい者も健常者もバリアフリーに参加できるオンラインeスポーツイベント「バリアフリー eスポーツ ePARA2020」が2020年5月31日(日)に開催された。 まずは、ePARAサイトへ寄稿させて頂 ...

Copyright© ePARA , 2020 All Rights Reserved.