週刊eスポーツ通信

ePARAニュース編集部が選ぶ「週刊eスポーツ通信」 12月18日号

今週末、いよいよ、全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMAが開幕します。

また年末にかけて大型大会がまだいくつか予定されています。今年もあとわずかとなりましたが、熱戦から目が離せません ! 

大会情報

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA 大会の開催内容と配信スケジュールが公開

全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMA実行委員会は、 12月20日(日)、 26日(土)、 27日(日)に開催する「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」について、 開催内容と配信スケジュールが決定したことを告知。

12月26日は「eFootball ウイニングイレブン」、 「グランツーリスモSPORT」、 「ぷよぷよeスポーツ」の最終予選をオンラインで開催、 27日にはこれに「パズドラ」を加え、 計4タイトルの決勝戦をオンラインで開催する予定。

AUTOBACS JeGT GRAND PRIX 2020 Series2020年12月19日(土)20日(日)、ついに開幕!

株式会社オートバックスセブンがメインスポンサーを務め、 NGM株式会社が運営する国内最大規模のeモータースポーツ大会「AUTOBACS JeGT GRAND PRIX」が、12月19日(土)より開幕する。

第3回「BS11CUP全日本eスポーツ学生選手権大会」が開催決定!

日本BS放送は、iU 情報経営イノベーション専門職大学協力の元、全国の学生を対象にしたeスポーツ大会「BS11CUP全日本eスポーツ学生選手権大会」を、2021年2月13日より実施する。学生プレイヤーを応援する本大会は、今年度で3年目。第3回大会は日本BS放送とiU 情報経営イノベーション専門職大学がアライアンスを結び、現役の学生と共に「産学連携」の大会として制作・実施されるという。

公式大会「リアルタイムバトル将棋 Championship in AICHI IMPACT!2021」の予選大会が12月26日13:00より開催

株式会社シルバースタージャパンは、リアルタイムバトル将棋の世界一を決める公式大会「リアルタイムバトル将棋 Championship in AICHI IMPACT!2021」の予選大会を12月26日に開催する。

「RAGE プロジェクトセカイ 2020 Winter powered by AQUOS」本戦を開催!瑠璃選手が優勝!

CyberZ、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日が運営する国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」は、スマートフォン向けゲーム『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』の賞金付き大会「RAGEプロジェクトセカイ 2020 Winter powered by AQUOS」の本戦を、12月13日に開催した。また、最高同時接続者数4万人超えを記録したことも併せて発表している。

テクノブラッドが新たなグローバルeスポーツリーグ「World Super League」を2021年に開催

株式会社テクノブラッドは、同社が主催するグローバルeスポーツリーグ「World Super League」の発足を12月16日に公式発表した。

WSLは、世界92か国が加盟する国際eスポーツ連盟(IESF)公認のもと、世界最高のeスポーツ選手が参加するグローバルeスポーツ大会となる。

業界情報

プロeスポーツプレイヤーが直接指導する 「ReAゲーミングスクール」短期入会コースを開講

株式会社アメージングは、マネジメント・プロデュースを行うプロゲーミングチーム「Revolution in esports Affairs」(略称:ReA)のメンバーが直接指導を行うゲーミングスクール「ReAゲーミングスクール」の短期入会コースを、株式会社ハックが運営する「キッズプログラミングスクール8×9(ハック)内で2020年12月13日から開講した。

「ePARA」が障がい者の個性を発見できる場に、ビーウィズがeスポーツにかける想い

コールセンター運営やBPOサービスを展開するビーウィズは、2019年にeスポーツ事業を開始しました。バリアフリーeスポーツ大会「ePARA」に出場する選手の雇用や、選手活動と仕事を両立しながら働くことができる「eスポーツ選手養成プログラム」の実施など、eスポーツに関連する積極的な取り組みを行っています。

「ePARA」が障がい者の個性を発見できる場に、ビーウィズがeスポーツにかける想い

SIE・マイクロソフト・任天堂の3社がプレーヤーを保護するため共同の声明を発表

ソニー・インタラクティブエンタテインメントとMicrosoft、任天堂は本日12月15日、より安全なゲーム環境を作り上げるための合同声明を発表した。

今回の声明では年齢を問わず多くの人々にゲームを楽しんでもらうため、オンライン上のプレーヤーを保護する必要性や目標などを文章で示している。様々なアプローチを行なうことでマーケットを進化・拡大させ、その上でプレーヤーの安全を保護してゆくということを改めて発表した形だ。

ゲームの安全性向上に向けて(SIE)

-週刊eスポーツ通信
-

© 2021 ePARA