週刊eスポーツ通信

ePARAニュース編集部が選ぶ「週刊eスポーツ通信」 11月13日号

今週は、イオ光を運営するオプテージ社主催のオンライン大会の開催が発表されました。

また、学生対象の大会やコンテストなど、若年層に対するアプローチも多く見えた週でした。

大会情報

「eo×CYCLOPS」eスポーツオンライン大会を全3回開催 ~ プロ一般問わず出場可能!~

株式会社オプテージは、スポンサー契約を結ぶプロeスポーツチーム「CYCLOPS athlete gaming(サイクロプス・アスリート・ゲーミング)」と共同で、競技レベルを問わず一般の方でも出場できるeスポーツオンライン大会(全3回)を開催する。

eo×CYCLOPS eスポーツオンライン大会シリーズ

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 ぷよぷよ部門」「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA ぷよぷよ部門」出場エントリー期間延長を決定

株式会社セガは、ジャパン・eスポーツ・プロライセンス認定タイトルである、対戦アクションパズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズについて、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020」、および「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」両大会の「ぷよぷよ部門」出場エントリー期間を、11月23日(月・祝)まで延長することを決定した。

日本学生esports協会/Gameicが、全てのプレイヤーのためのVALORANTの大会「Japan Under-25 Esports Games」の継続開催を決定

日本学生esports協会/Gameicは、1人でも多くのesportsプレイヤーに輝ける場所を提供すべく開催された「Japan Under-25 Esports Games」を、10月に引き続き11月にも、16日~18日の3日間に渡り開催。VALORANTをタイトルに迎え、若者たちの熱い戦いが繰り広げられる。

「PUBG MOBILE 企業対抗戦 2020」 株式会社フジみらい、過去最多出場110社の頂点に

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」は、PUBG株式会社が主催する『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』のMOBILE版『PUBG MOBILE』の国内公式大会「PUBG MOBILE 企業対抗戦 2020 powered by RAGE」を11月8日(日)にオンラインで開催した。

PUBG MOBILE 企業対抗戦として初となるオンライン開催となった本大会は、北海道から沖縄まで日本各地の企業チームが雌雄を決する“社会人だけの『PUBG MOBILE』大会”。無観客および配信で行われた今回は、最強企業の名誉やPRタイムなどの景品を求めて過去最多の110企業がエントリーした。

業界情報

ゲーム最速クリアを目指す大会「RTA in Japan 2020」競技リスト公開 「ファイナルソード」「人生オワタの大冒険2」「剣神ドラクエ」

国内最大級のリアルタイムアタック(RTA)イベント、「RTA in Japan 2020」で挑戦されるゲームのリストが公開された。45分間以内のクリアを目指す「ファイナルファンタジーXV」をはじめ、そそるタイトルが多数そろっている。

Adobeが「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」と学生を対象としたクリエイティブコンテストを開催 

アドビ株式会社が、合同会社Riot Gamesのスマートフォン向け(Android / iOS)タイトル「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」とコラボレーションを行い、学生を対象としたクリエイティブコンテスト「飛び出せワイリフ!」を開催することを公式Twitterにて発表した。

日本学生esports協会/Gameicが、eスポーツチームの活動実績を評価・審査する「公認団体制度」の運用開始を決定

日本学生esports協会/Gameicは、真摯に、そして熱心にeスポーツに取り組むチームが適切な評価を受け、その評価を元に胸を張って様々な活動ができる世の中を作るべく、「公認団体制度」の運用開始を決定した。

バイオジェンがSMAとともに生きる方々のスポーツ体験を応援する大会を開催「SMA eスポーツチャレンジカップ」

バイオジェン・ジャパン株式会社は、脊髄性筋萎縮症(SMA)とともに生きる方々のスポーツ体験の応援、およびSMAの疾患啓発を目的として、対戦アクションパズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」を使用したeSPORTS大会「SMA eスポーツチャレンジカップ」を実施する。大会当日は、「ゲームやろうぜProject」の立ち上げなど、eSPORTSを通じて精力的に活動しているSMA当事者の吉成健太朗氏、および国立病院機構 北海道医療センターの作業療法士でありeSPORTSを活用したリハビリ・治療に取り組む田中栄一氏が登壇する。

-週刊eスポーツ通信
-

© 2020 ePARA